地球交響曲第五番

龍村仁監督作品 出演者:石垣昭子(草木染織作家)/アーヴィン・ラズロ(哲学者・未来学者)/大野明子(産科医)

〜全ての存在は時空を超えて繋がっている〜

このまぎれもない「生命の摂理」を私達ひとりひとりが、日常生活の場で、政治、経済、教育、科学、芸術、文化の場でフト思い出し、ほんの少し生き方を変え、選択を変えることが、病める地球を癒し、健康で豊かな未来を築く鍵になる、というのが映画「地球交響曲」のシリーズの願いでした。このシリーズは、20世紀末の10年間に第一番から第三番まで3本の映画が完成し、観客自身による活発な自主上映活動によって、180万人を越える観客動員を果たしました。

この自主上映活動の動きは、「地球交響曲」の願いが、単に願いにとどまらず、現実的な力になり得ることをはっきりと示しました。そして、21世紀最初の「地球交響曲」第四番が、2001年9月、観客自身が最初からスポンサーになる、という前代未聞の「ひとコマスポンサー」運動に依って完成したのでした。ところが、「21世紀に生まれ育つ子供たちのために」という強い願いをこめてつくった第四番の完成試写会を始めたばかりの2001年9月11日、あの忌まわしい9.11テロ事件が起こったのです。

21世紀型技術文明の象徴だったとも言えるニューヨークの二つの超高層ビルが崩れ去ったあの日から2003年の今日までに世界中で起こった様々な現象を見ていると、世界は、「地球交響曲」の願いとは正反対の方向に突き進んでいるように見えます。

旱魃、洪水、地震、竜巻など頻繁する異常気象、エイズ、エボラ熱、狂牛病、SARSなどの疫病、終わることのないテロ、アフガン戦争、イラク戦争、そして世界不況。このままでは、私達人類は絶滅に向かい、21世紀に生まれ育つ子供たちに耐えがたい苦しみを背負わせてしまうのではないか、という不安さえ覚えます。

しかし、決してそうではない。いや、そうさせてはならない、と私は思います。

今、世界中で起こっている混乱や苦しみは、21世紀の新しい価値観が生まれ出るための「陣痛」の苦しみである、とも言えるのです。自然なお産における陣痛の苦しみは、それ自体は苦しみですが、それを通過することに依って、新しい生命の誕生、という珠玉の喜びが生まれ、母(地球)と子(人類)の新しい愛の形が始まるのです。目の前で起こっている混乱や悲しみに目を奪われパニックに陥ったり、意気消沈してしまうことの方がまずいのだ、と私は思います。

既存の価値観が崩壊してゆく今の時代は、私達ひとりひとりの小さな価値観の変化と、それにともなう小さな選択、行動の変化が、地球規模の大きな変化を起こし得る時代なのです。こんな時代に最も大切なのは、「全ての存在は繋がっている」ということへの信頼と、そこから生まれる安心感です。人と人とはもちろんのこと、人と他の全ての生命、人と物、人と自然環境、人と地球、人と宇宙、そして、人と宇宙創生以来の全ての過去、現在、未来は、具体的、現実的に繋がっている。今、私達、ひとりひとりが行っている全ての営みは、いかに些細にみえることでも、一切が、決して消えることなく、いづこかに“記憶”され、未来の世代、未来の地球、未来の宇宙に繋がって生かされてゆく。

そのことに気付き、謙虚さと共に、勇気と喜びをもって価値観を変え、行動、選択を変えてゆく人々を激励する。これが、「地球交響曲」第五番のコンセプトです。

「全ての存在は繋がっている」


フォローおねがいします

商品の詳細、購入はこちらから ショッピングガイド
LINE@お友達登録

ページトップへ戻る