ノニとの出会い(vol.6)

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア

(前回からのつづき)

ノニおたくの道に足を踏み入れてしまった私は、今度はそれぞれの地域でどのようにノニの実が活用されて来たのかを調べ始めました。

・長寿で有名な沖縄県竹富島では、今ではハウス栽培でノニを栽培していますが私が尋ねた時は果実自体が寒くて大きくなることもなくビー玉くらいの大きさということもあって、果実を使用することはほとんどなく、代わりにノニ木の樹皮を剥がしてお湯で煎じて飲むという習慣がありました。これは、血糖値を下げるために利用されている民間療法のひとつです。このエリアにはたくさんのグァバがあり血糖値を下げる特定保険用食品があるにもかかわらず、血糖値を下げるには昔からノニだと!長老がおっしゃっていたのがとても印象的でした。

・カリブ諸島では、葉はリューマチの痛みや頭痛、その他一般的な鎮痛目的で使用されてきたことがわかりました。

・中国では根が使用されていて強壮剤や解熱目的。

・フィリピンでは果実が月経促進のために利用されてきたり、インドネシアでは、下剤、咳、胆のう疾患、脾臓肥大、排尿障害、糖尿病、月経促進、傷の消毒など。

・タヒチでは、果実や葉や花、根なども使用されており、各種慢性病やおでき、糖尿病、解毒、やけどなどにも用いられてきました。

・他にも、フィジー、サモア、トンガ、クック島、インド、ニューギニア、ソロモン諸島、ベトナム、カンボジア、ニューカレドニア、マルケサス諸島など様々な地域で伝統的に民間療法のひとつとして活用されてきたのがわかって来ました。

それにしても、様々な用途に利用されていて、まさに万能薬と呼ばれるのにふさわしいものであるわけです。このリサーチをした時点ではわからなかったのですが、後々、このノニは101通りの効果効能があるとして、14年くらい前に在阪の情報番組ちちんぷいぷいで紹介されることになったのでした。

まとめてみますと、がん細胞の生育阻止、酵素の働きの正常化、ポリープの消去、高血圧の改善、糖尿病の改善、うつ病の改善、痛みの緩和(リウマチ、痛風、神経痛、関節炎、歯痛、頭痛、月経痛など)、抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用、アトピー性皮膚炎の改善、アレルギー疾患の改善などなど。

そして、大学図書館や医学部へも出入りするようになり、ノニに関する学術研究論文なども探すようになりました。

それらを見ていてつくづく思ったのは、ノニってすごいんだなぁ…、不思議な植物だなぁ…と思ったのでした。

vol.7へつづく

バックナンバーは、こちらをクリックしてください。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア

One Response to “ノニとの出会い(vol.6)”

  1. ロイヤルタヒチ®選りすぐりニュース» Blog Archive » ノニとの出会い(vol.5) said:

    5月 08, 16 at 7:47 PM

    […] (つづく) […]


商品の詳細、購入はこちらから

ショッピングガイド
LINE@お友達登録